サイトを思い立って弄りすぎて再起不能に(でも大丈夫!mixhostならね!)

      2018/06/21

こんばんは!
りょうへい(@ryoheihobozero) です。

今回は実は全然別な記事を書こうと準備していたんですが
思わぬトラブルのもととなったので中止してw
急遽トラブルバスターした顛末をご紹介しますね(^^;

しかし、なんかいろいろ疲れちゃった(´・_・`)

再起不能になったWordPressをmixhostのバックアップから復旧させる方法

ことの発端は 当ブログではなくて
りょうへいの運営サイトの中では上位に位置する
アクセスの多いWordPressブログサイトに
プラグインでキャッシュをインストールしていまして
キャッシュ導入前・キャッシュ導入後でどんだけ効果あるのか!?

なんてことを測定しようと実験していたんですよ♪

この挙動だけ書いてみると
とても楽しそうな実験ではあったんですがw

思い立って弄りすぎて再起不能状態にwwww

まさに ヤババババーン な状況になり
心身ともに疲弊しておりました。

どんな感じかというと、これが ヤババババーン状態のはじまり

例のキャッシュプラグインってmixhostで対応しているという
ちょっと攻め気味なやつだったので、試すもうまく動かなくて
サポート様に問い合わせてご親切に教えてもらう
なんてことまでしてたんですが(^^;

その結果が、こんなんなりました↑

画像も表示されなくなっちまいw
テーマもちゃんと読み込まれなく(^^;

いろいろ調べてみたらデーターベースの中の
ディレクトリ構成(も弄ったw)のパスが
古い記述が残っているのを発見して
DBの中をphpMyAdminやさらなる危険ツールで置換しまくり!
とか、こないだから凝りだしたやつで↓↓↓

独自ドメインに変更してもメディアのURLに残留したレンサバドメインを一括変更する方法

復旧を試みましたがどツボでした(^^;

結果的に HTTP ERROR 500の世界に逝きっぱなしのヤバババーン

その後もいろいろphp弄ったりしましたが

まさに ヤババババーーン

一時は、もうダメダコリャ状態になりw
そういえば今月はじめにじぶんでばっくあっぷとったかしら….

とか回らない脳みそで考えていたんですが….

そうじゃなかった!!

いまブログを置いているレンタルサーバーは mixhostじゃないか!

というわけで、思い出しました。
mixhost様は自動的にデイリーバックアップが標準装備だったんです。

そいつから戻せばいいだけジャマイカ!

このことを思い出した電車の中で
ひとりニヤけていたに違いない
りょうへいでありました…

さっそくcPanelにログインしてJETBACKUPメニューからの復旧を試す!

サーセン。
前置きが長すぎました!

というわけで、再起不能なほどにおかしくなったら
リストアすればいいじゃない。

って感じで、リストアにトライしたら超簡単でした!
素晴らしいよmixhost様!

リストアには2種類あります。

  • ファイル&ディレクトリ
  • データーベース

の2種類です♪

バックアップからの復旧もそれぞれメニューが
分かれているので順にリストアしてみました♪

まずはファイルの復旧からやってみた

cPanelにログインして メニューから

JETBACKUP → File Backups を開きます!

するとデイリーでバックアップされてるブツが世代管理されて登場!

毎朝バックアップとってくれてたんだね!
ありがとう!Mixhostさまっ!

直近のバックアップを開くとディレクトリ一覧が出たら
次はディレクトリを選択して復旧の指示をだすだけ!

このメニューではディレクトリ単位とファイル単位での選択が可能で、対象を選択して Restore Selected Files ボタンをクリックして復元の指示を出すことができます!

ちなみに復元を指示したディレクトリの中身はバックアップとまるごと入れ替わるので、更新したファイルでとっておきたいものは事前にローカルにダウンロードするなり自分で管理しましょうね♪

リストアを実行する時には、確認ボックスをチェックして
りょうへいの場合は念の為、処理が終わったら
メールでお知らせしてもらえるように
メールアドレスも設定しました。

無事にディレクトリのリストアができたよ!

待つこと数分。リストア完了通知のメールがきた!

なんて言いましても、cPanelにログインしたまま
サーバーのCPU負荷とか眺めていたんですけどね!

あと、リストアすると一時的にファイル容量も
増えるようですがテンポラリーファイルであるため
一、二週間ほどでテンポラリーが削除されて元の容量に戻るそうです。

ディレクトリ(ファイル)の次はデータベースも復旧する

とりあえず、ディレクトリ単位でのデータ復活がてきたので
恐る恐るサイトを表示させてみると、、、
HTTPエラー 500 は解消できていたので、ひと安心です!

しかし、自分で弄ったDBの中身がおかしいままなので、まっとうではありませんw

次はデータベースの復旧を実施します!
cPanelメニューのJETBACKUPSの項目群の
二番目に Database Backups というアイコンがあるのでそちらです!

DBごとにバックアップされてたよ!

実はこのメニューをファイルバックアップの
リストア実施中に開いてみたら
データーベースの一覧に Backup Empty 的な
表示がでてちょい焦りましたがW
ファイルリストア終了してから開いたら
ちゃんとバックアップがリスト表示されたので
作業も順を追って行いましょうね(汗

復旧対象のWordpressのデータベースを選んでリストアを指示します!

データーベースリストア実行時も完了のお知らせメールを設定したよ♪

データベースも無事にリストアできた!

終わったぜ!
とmixhost様からのお便りが届きました!

これで、当日の朝の状態に完全に復旧できました!

なので、おそるおそる、サイトにアクセスしてみると!

やったー無事に復旧できたーww

まさになんでもないような普通のサイト稼働していた頃の幸せをかみしめながら。

慎重に作業しましょうね♪

まとめ

mixhostの無料で標準機能であるデイリーバックアップ。

なんてありがたいものなんでしょう!

復旧も超簡単なので!
思い立って弄りすぎてサイト破壊したあなたも
安心してリストアしちゃいましょう♪

ブログランキング参加中♪
応援よろしくお願いしますm(__)m



WordPressランキング
にほんブログ村 IT技術ブログ WordPressへ
にほんブログ村

ブロトピ:ブログ更新しました♪

ブロトピ:今日のブログ更新

ブロトピ:wordpressのカスタマイズ

 - CMS, Tips, WordPress, レンタルサーバ, 設定 , , , , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。